中国DTP

こんな課題のあるクライアント様に
  • 画像切り抜きや図版作成など、単純で大量の作業がある
  • カタログや情報誌など、短期で制作をおこないたい
  • 中国など海外DTPを検討しているが、品質に不安がある

中国DTPによるローコストオペレーション

中国DTPといえば、写真の切り抜きといった、基本的に日本語を必要としない機械的な作業をおこなうイメージがあるかもしれませんが、当社の中国DTPは、ゼロからの組版作業や赤字修正といった、幅広いDTP業務にも柔軟に対応しております。また、弊社で作業前から作業後までを一貫して管理することで、安定した品質を実現しております。

対応可能作業
  • 画像切り抜き
  • 図版作成
  • トレース
  • 文字入力
  • 主にカタログなどの大量ページ組版
中国DTP対応アプリケーション
  • IndesignCS3~CC
  • IllustratorCS3~CC
  • PhotoshopCS3~CC

中国DTPにおける当社の3つの品質管理

比較的安価な人件費で機械的な作業を人海戦術でおこなうため、スピードや価格にメリットのある中国DTPですが、日本の制作会社と同様の感覚で発注すると、思った通りに仕上がって来ないなど、二度手間になってしまったという話もよく耳にします。中国DTPの特徴を踏まえた原稿の作成と、ルール決めをきちんと行い、現地の進行、品質管理を行うスタッフと密にコミュニケーションを取って進めていかなければ、品質低下や納期遅延などのトラブルに発展してしまうケースも少なくありません。当社では、以下3つの取り組みを行い、価格と品質のバランスの取れたDTPサービスをお客様にご提供しております。

1.中国DTP向け作業マニュアルの制作

大量の作業を短期で行うことの多い中国DTPでは、基本的には大人数での作業となるため、ページものであれば例えば「ページ間での体裁違い」や「ファイル連結時のトラブル」などを避けるため、誌面上での表記方法から、データ内のスタイル設定、ファイル名に至るまで、詳細なルールをマニュアルに落とし込んで、現地スタッフに徹底させております。

2.現地中国訪問による作業指導

案件の難易度や規模によっては、スタート前に現地中国の制作現場を訪問し、綿密な打ち合わせや作業指導を行っております。また、案件スタート後もお客様にご提出する前に、弊社の校正部門で細かくチェックを行い、万が一事故に直結するようなミスが発見された場合には、現地担当者に都度フィードバックし、指導していくことでミスの再発防止に努めております。

3.現地企業の制作現場との密なコミュニケーション

案件によっては、修正内容や作業進捗状況に合わせて優先順位を細かくコントロールしていかなければならなかったり、急なルール追加・変更などが発生してしまうケースもありますが、弊社では現地スタッフと密にコミュニケーションを取りながら、日本国内と変わらないくらいにフレキシブルに対応がおこなえるよう努めております。