データ抽出

こんな課題のあるクライアント様に
  • 変更のたびにデータベースと誌面それぞれ修正しており2度手間
  • カタログなどの索引(インデックス)を自動で作りたい
  • カタログなどの校正の精度を高めたい

カタログなどの最終データから商品情報を抽出できます

インデザインで作成されたカタログの商品情報などのデータを、段落スタイル・文字スタイル・フォント名・フォントサイズ・レイヤー名・正規表現を指定して、一致したデータをCSVなどで抽出することができます。抽出したデータは、基幹系データとのマッチング処理による比較校正や、索引(インデックス)の作成、データベースへのフィードバックなど、さまざまな用途に活用することができます。

抽出データの活用例

商品情報の比較校正
例えば初校と2校、または2校と3校で、それぞれ商品データを抽出し、データを突き合わせれば、差分を検出することができますので、正確で効率的な校正が行えるようになります。
基幹系データとのマッチング処理
抽出したデータとクライアントのデータベースと比較することで正誤判定が行えます。
自動索引作成
抽出する情報には、ノンブル情報も紐づけされるため、索引(インデックス)を自動で作成することができます。
データベースへのフィードバック
カタログなどは校了するまでに、担当者や校正者のチェック、承認を幾重にも行っているため、そこからデータを抽出することで、信頼度の高いデータベースを構築することができます。
Webへのデータ転換
商品と画像のリンク情報(画像ファイル名)も抽出データに紐づけすることができますので、カタログの画像をWebなどに転用したい場合にも活用できます。

主な機能紹介

1.指定した条件に一致したデータを抽出

インデザインデータ上の段落スタイル・文字スタイル・フォント名・フォントサイズ・レイヤー名・正規表現を指定して一致したデータを抽出しますので、タグ設定などは必要ありません。例えば価格、商品番号、品番などをあらかじめ設定しておけば、データ抽出を行うことができます。

2.複数の情報を同時に抽出

例えば「ノンブル」や「画像のリンク」情報などを持たせた状態でインデザインからデータを抽出することができます。

3.表組、テキストボックスの抽出に対応

インデザインでグループ化された表組、テキストボックスの両方に対してデータ抽出が行えます。また、「①」→「1」に変換して抽出したい場合、あらかじめ置換設定をしておけば、抽出と同時に文字変換がかかりますので、抽出後の手間を省くことができます。

カスタマイズも承っております

Abstractで抽出したデータの、抽出後のプログラム開発や、Abstractのカスタマイズのご相談も受け付けております。また、抽出作業自体の代行業務も行っておりますので、お気軽にご相談ください。