校正・品質管理

こんな課題のあるクライアント様に
  • 社内で校正しているが、時間も人も足りないため間違いも多い
  • 過去に修正ミスによる印刷事故があり、信用を取り戻したい

お客様の課題に応じて
最適な校正・品質管理計画を策定致します

アズワンでは、アナログ・デジタル双方の強みを活かした校正・品質管理体制を構築しています。オペレーションに関しては、媒体ごとのレギュレーションを熟知させ、作業ルールを徹底することで万全の品質管理をおこなっております。また校正においては専任校正者が常駐するほか、契約校正者や外部校正会社のネットワークもございますので、お客様の課題に合った最適な校正・品質管理計画をご提案することが可能です。

校正・品質管理の4つのポイント

1.レギュレーション設定と校正計画

アズワンでは案件ごとにレギュレーション設定を行っております。作業担当は作業前にチェックポイントや注意点を確認することで、品質管理に努めています。

また、大型案件や、予算・納期が限られている案件などは、校正やオペレーションにおいて、どの部分に注力していくべきかなどを事前に設定し、それに合わせた綿密な校正計画を立てていきます。

2.デジタル検版ソフト「Proof Checker PRO」と「FLAP WORKS」の活用

アズワンでは修正作業前後のデータを比較して差分を検出する「Proof Checker PRO」と「FLAP WORKS」という2つのデジタル検版ソフトを活用しています。これにより、万が一修正指示のない部分が変更されてしまった場合でも、視覚的に分かるようになるため、短時間で確実な校正が行えます。価格や商品コード、電話番号などの情報が多数掲載されるカタログ制作などにおいては、デジタル検版を導入した確実な校正プランをご提案しております。

3.文章校正支援ソフト「Just Right!」を活用した確実な文章校正

文章校正支援ソフト「Just Right!」を導入し、文章の誤字・脱字、環境依存文字やスペルチェックを機械的にみつける校正も行っています。また、企業独自の表記ゆれも事前に定義し登録することで発見できます。同じ意味をもつ単語が複数使われていた時、表記を統一したい場合に効果的です。カタログなど、入力したテキストの校正に短時間で確実な文章校正が可能になります。

4.ベテランの専門スタッフによる校正・校閲

デジタル検版は単純な修正前後の差分検出は得意ですが、修正に応じて適宜変更しなければならない箇所の発見や、原稿自体の誤りなどは発見することができません。また、改行によって1行ずれ込むなどした場合、ずれた箇所全てが反応してしまうため、場合によっては有効ではありません。

アズワンでは基本的には校正専門スタッフによるアナログの校正をベースにし、効率や校正の精度を更に高めるためにデジタル校正を併用しております。