スマートフォン対応

こんな課題のあるクライアント様に
  • PCサイトがスマートフォン対応していないため、見づらい
  • 既存PCサイトでモバイル端末からのアクセスがかなり増えている
  • レスポンシブWebデザインでリニューアルしたい

今や必須といえるスマートフォン対応

PCサイトのスマートフォン対応をおこなっていない場合、スマートフォンの小さい画面では見づらく、多くのユーザーを逃してしまっている可能性があります。スマートフォンユーザー数が爆発的に増えている今、せっかく訪問してくれたユーザーを逃さないためにも、サイトのスマートフォン対応をお勧めしております。2015年の「モバイルフレンドリー」と呼ばれるGoogleの新しい評価基準の導入により、スマートフォンに対応しているかどうかも検索順位に影響するようになりましたが、今後その動きが広まっていくことが予想される点においても、スマートフォン対応は今や必須といえるかもしれません。

スマートフォン対応サービスについて

1.デザイン、レイアウト、サイト構成の再設計

PCサイトをスマートフォンで見た場合、サイト全体がそのまま縮小されて表示されるため、非常に閲覧しにくく、ページ離脱の原因になってしまいます。そのため、まずは「構成をシンプルにして目的の情報を探しやすくする」、「読み込み時間を短くするために画像の使用を抑える」、「ボタンやリンクなどを分かりやすく配置する」など、スマートフォンの特性を考えながら最適な設計をおこなっていきます。

2.スマートフォンデバイスに最適な動作の演出

スマートフォンでは従来の携帯電話と違い、タッチパネルを用いての操作となるため、どの指でタップし、どのように閲覧していくのかなども想定しながら設計を行っていきます。例えばJavaScriptを実装することで、商品画像を横にスライド表示させたり、テキストが多い部分は開閉式(アコーディオン方式)にしてページ間を移動することなく続きの文章が読めるようにするなど、さまざまな方法で動作の演出を行い、より使いやすいサイトにしていきます。

3.レスポンシブWebデザイン対応も可能

閲覧するデバイス(PC、スマートフォン、タブレットなど)の画面幅によってデザインを切り替える「レスポンシブWebデザイン」は、作成するHTMLが1つ(ワンソース)で済むため、PCサイトとスマートフォンサイトを別々に作成した場合よりも効率的な運用が行えるようになります。

スマートフォン専用サイトに比べると、デザイン上の制限や表示スピードの問題など、いくつかデメリットもありますが、さまざまな画面サイズのデバイスが登場している昨今においては、それらのデバイスに合わせて柔軟な対応が行えるレスポンシブWebデザインのメリットは大きいといえます。